ガラス細工を修理したい!そもそもガラス修理は可能なの?

ガラス細工はガラスを溶かしたりして形を変形させ加工を行い
日用品から芸術品など、工芸品として広く浸透しています。

ガラスなので割れることも当然あります。
その場合には通常のガラス窓のようにガラス修理はできるのでしょうか?

ガラス細工の修理をする人ってどんな人?

ガラス細工を修理する人とはそもそもどんな人なのでしょうか。
ガラス細工にも様々な種類があり、小さい小物から大きな物まであります。
そして、デザイン性があるものも多く、動物や植物をかたどったものや色をガラスにつけたものまで世界中で作られています。

その特殊な加工ゆえにガラスが割れた時に修理が難しいものも多くあります。
細かいつなぎ目や、接続の仕方だったり、デザイン、色合い
これらの修理と再現をこころみるのは、簡単ではありません。

ガラス細工は今や芸術の域に達していますので、1から作り上げるように修理も困難を極めてきます。
また、それだからこそ貴重だと考える人もたくさんいるので、割れたからそこで諦めるのではなく
ガラス修理をしたいと考えるものです。

外国旅行に行った時に現地でお土産で買ったガラス細工は、割れてしまって買い替えるとしても
なかなか行く機会もないですし、それを修理してまた使いづつける人も多いのでないでしょうか。
さらに、気に入っているガラス細工ならば尚更、修理をしたいと思うものです。

自分の誕生日や記念日にもらったものなどの特別なものが修理の対象となることが多いようです。

ガラス細工の修理について

ガラス細工の修理工房は昔はほとんど日本には存在していませんでした。
そのために、ガラスを割ってしまったら修理はできず諦めるほかありませんでした。

しかし、そのものに特別な思い入れがあり、替えの物ではいけない人もいるために
修理業者も多く出てきました。依頼主の心情を汲み取ってくれるようになったのです。

複雑なガラス細工であっても、ガラスの調合と溶解から可能な業者であれば、1から作り直すこともできます。

コマーシャル>>東京都大田区のガラス修理業者 https://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/glas

拭きガラスなど、高度な技術を要するものまで修理してくれる業者も増えてきました。
他の業者が修理できないと言ったガラス細工でも、請負ってくれる経験と技術を兼ね備えた業者も出現し、より修理をしたいという人も増えました。

ガラスの色合いなども同じようなものを探してきて、加工もしてもらえますが
中には、修理ができないものもあります。
それは工場で特別な金型を使って作っているガラスが使われている場合です。

同じガラスを取り寄せることが困難になってきますし、特殊なので修理の接着の際にうまくいかない場合が多いのです。
また、修理し直したとしても元と同じように作るのは難しいです。
それらの素材を使っているガラス細工は、工場で大量生産されているため価格も安価になっています。

もしも特別な事情がない場合には、新しいものを買った方が修理よりも安くつきます。
ガラスについては新しく作り出すよりも、そっくりに作り直したり修理する方が高い技術が必要なのです。

ガラス細工については、修理ができるものも依然と比べて増えてきました。
大量生産のガラスや、取り寄せができないガラスなど修理ができないものもありますが
依頼主の修理したいという思いに答えてくれるようになり、技術もますます進歩しています。

ガラス細工が割れてしまったら諦めて捨ててしまうのではなく、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。
もしかしたら直せるかもしれません。